青梅のはちみつ漬けの作り方

南高梅

青梅というと、梅干や梅酒に使う物というイメージだと思います。
ここでははちみつを使ったおいしい梅シロップの作り方を紹介させて頂きます。アルコールを使用しないので年齢を問わず楽しめ、幅広い用途でご使用頂けるシロップです。


用意するもの

・はちみつ 500g
・青梅   150g~250g(大粒の梅が最適)
・パッキン付きの広口のビン
・竹串

作り方

1. 梅はできるだけ青く新鮮な固い実を選びます。
2. 青梅をよく洗って水分を拭き取り、竹串でヘタを取り除きます。
3. エキスが出やすいように、実に4~5ヶ所穴をあけます。
4. 穴をあけた青梅とはちみつをビンの中に入れ、しっかりとフタをします。
5. 1日に1度、1~2分間ほど天地を逆さにして花梨のエキスとはちみつがよく混ざるようにします。(※1)
6. 5の作業を約2週間ほど続け、その後は静かに置いておきます。(※2)
7. 約1ヶ月ほどで飲むことができますが、長く置くほど味が良くなります。

(※1)フタをあけてお箸などで混ぜてはいけません。
(※2)蜂蜜が青梅から水分と栄養分を抽出しますので泡が出ます。ビンから漏れ出た場合は拭き取ります。
    気候が涼しくなれば泡は消えます。常温で保管して下さい。


おいしい召し上がり方

・水や炭酸水で5~6倍に薄め、氷を浮かべると夏場に最適なすっきりとしたジュースになります。
・冷たい牛乳で4~5倍に薄め、かき混ぜるとヨーグルトのような飲み物になります。
・焼酎、ウイスキー、ジンなどで薄めるとおいしい梅酒カクテルになります。
・寒天で固めると、おいしいゼリーが出来あがります。
・残った梅の実は煮付けなどに利用すると上品な味に仕上がります。